オリジナルアニメ黄金期の雄、中野に来る!!-山本 優ロングインタビュー

カテゴリー4[70’sパーソンズ]

CAT-4

-いわゆる「ファースト・ガンダム」ですね。

『機動戦士ガンダム』も、やっぱり玩具(スポンサー)があって「何やってもいいよ」というパターンで、そのとき富野喜幸(現・由悠季)さんと初めて組んだのかな。富野さんにとってはあれが総監督として3作目で、直前の『ダイターン3』とは違うシリアスなものをやりたいと思ってたんだ。脚本には、まず星山博之さんがいて、ベテランの荒木芳久さん、SFに詳しくて「ミノフスキー粒子」を考え出した松崎健一と俺の4人。

「ガンダム」のストーリー作りは、富野さんが会議の座長みたいな感じで、まずアイディアを出してきて、脚本家がみんなプロットを持ち寄って、みんなで「あーだこーだ」と揉むわけ。だから、最初は何もない所からはじまるんだよ。

富野さんは頭の中でもう考えがあるんだけど、それをすぐ言わないんだよな。それで俺らとワイワイ話しながら、アイディアを詰めてゆく。いい意味でライター陣を利用してたんだ。でもディスカッションしながら作っていくから、ケンカとは言わないまでも、険悪な空気になることもあったな。あのころは俺もトンガってたし、少し上から目線なところもあったかも知れない。まあ、富野さんも大人だから言い返さないけど、顔に出るからなぁ、怒ってるのが。ピクピク引きつってるんだよ、顔が。(笑)でも、それも面白かった。結果的には、そういうこともストーリー作りには良い方向に出たからね。

でも、富野さんも懲りたんじゃないかな?(笑)その後のガンダムを見てるとね、自分が作って、あとは自分がコントロールできるライターを使ってたような気がする。でも「ファースト」のパワーがいまだに残ってるっていうのは、ああいう管理されてないクリエーターのぶつかり合いがあったからだという気がするな。

-そういう経験が、優さんの代表作「J9シリーズ」へつながっていくんですね。

うん、「ガンダム」の後で、またタツノコの『闘士ゴーディアン』をやったんだけど、同じく枠が先にあって「何をやってもいいよ」って言われたんだ。じゃあ、今回は音楽にこだわりたいって言ったら、そこで当時「タイムボカン」を並行して音楽を担当していた山本正之注6が呼ばれて来て、そこではじめて彼と会ったんだ。

今はもう、アニメ業界は分業が成立してるって言うのかな、原作があるからしょうがないんだろうけど、スタッフはソツなく仕事をこなすっていう時代だろうね。クリエーターが集まってディスカッションしながら一から作るっていうのは、結果的にだけど、いい時代だったという思いはあるよ。
でも、今、オリジナルを書ける人っていなくなってるんじゃないかな。原作に勢いがあれば視聴率はそこそこ取れるかもしれないけど。
オリジナルの作品だと、脚本家がキャラクターを支配できるんだ。それでこそキャラが生き生きと動き出すんだよ。そこがオリジナル作品の面白さのひとつなんだけど、原作があるとそれができないからね。

国際映画社との最初の仕事は、ある新企画で呼ばれたんだけど、そのキャラクター原案を見たらパッとしなくてさ。「これダメだよ、オリジナルを作ろうよ」って話になって、そこで思い浮かんだのがハチャメチャなキャラで『めちゃっこドタコン』だったんだ。

そのときのキャラクターは白土武士さんだったかな。あれが第一作で、それをやっているときにプロデューサーの壺田重夫さんとの間で「ロボットもので何かやる?」という話が出た。タカトクがスポンサーについて、まだ、玩具になるんだったら何をやってもいいよっていう時代だったから、じゃあ「必殺仕掛人」のような世界観を宇宙に持っていって、あの当時の若者向けドラマのノリでやっちゃおうぜという話になった。
だいぶ前から「組みたいね」って言ってた四辻たかお注7を呼んで、音楽には正之も来て、あれはノリがうまく出た感じかな、うまく音楽ともかみ合ってて、そう、ノリがよかった。

そうしたら、第1回の放送の後、すぐ反応があって、ファンから100人の連判状が来たんだよ。「こういうアニメを待っていた。絶対、このまま続けてください」っていうのがね。放送局のプロデューサーがビックリしちゃってね。
あと、オープニングが金田伊功注8さんが手がけたやつで、あれが素晴らしかった。俺も見て驚いたよ。アニメ作品の出来はもちろん総合力だけど、金田さんの力は大きかったと思う。中身は俺たちがノッて書いてて、そういうノリがはまったんだよね。

完全なオリジナル作品で、誰かを立てなきゃとか、遠慮するようなことがなかったからね。まあ、当時は俺も好きなことをやって、しかも結果が出てたから、無頼を気取ってて誰にも遠慮なしにモノを言ってたし、ケンカもした。(笑)でも、面白いものができたと思うね。

>次ページ:オリジナル企画を生み出すパワーの秘密

1 2 3 4 5 6

コメントをどうぞ

« »