日活スターの面影か~西武新宿線 都立家政

カテゴリー2[70’sアライブ]

kasei0053_s

CAT-2

西武新宿線「都立家政」駅。
駅の北側には近年店舗数を増やしているドラッグストアが間口を広げているが、南側ともなるといまだ昭和のころから息づいていた商店街の様相を見せている。

kasei0059_s

いずれの駅前商店街に通じるが、まっすぐに延びる道路はきれいに舗装され、夕暮れ時になると買い物客が安心して安全に行き来できるように配慮されていることがわかる。ここ「都立家政」も例外ではなく、オブジェのように店先に積み上げられモダンなデザインのブロックが道の敷石だったことが想像できる。

kasei0054_s

しばらく歩くと、まさに昭和の男性専科ともいえる紳士服店のシャッターに出くわす。その昔、日活スターたちが波止場でポーズをとっていた「片足台のせ」の線画イラストが、スーツやヘアスタイルから70年代に描かれたものであることを証明していた。

kasei0053_s

ビリヤードの店も、たばこ店の鉄の窓枠も、喫茶店の「コーヒー屋」の文字もまだ現役で居続けることを物語っている。

kasei0050_s

kasei0058_s

コメントをどうぞ

« »