紳士淑女の住むと言う~西武新宿線 沼袋

カテゴリー2[70’sアライブ]

numa0025_s

CAT-2

西武新宿線「沼袋」駅。
数年前にリニューアルした銭湯・一の湯(沼袋駅から東へ徒歩約1分)の煙突が知られているが、商店街は若者の集うカフェやお店が多く立ち並んでいた。

numa0020_s

そんな中、意外にも思えたのが、おしゃれにこだわる紳士淑女のための店が多く営業していること。宝石店や理容室が数店あり、日頃から身だしなみに気遣う地域住人たちをサポートしているのを感じる。

numa0022_s

numa0018_s

numa0019_s

中でも帽子や傘を取り扱っている高山帽子店(沼袋駅から徒歩約1分)がひときわいぶし銀のように光る。ショーウィンドウには若者のかぶるキャップタイプではなく、つばのあるハットタイプがずらり。昭和の街中では、これら帽子をかぶった紳士たちをよく見かけたものだ。当時、いい年のとり方をしていると周りから評判だった男性は、やはりステッキ片手に帽子をかぶっていたのを思い出す。

numa0025_s

numa0024_s

コメントをどうぞ

« »